1. ホーム
  2. 業務案内
  3. 研究・開発

研究・開発

論文・口頭発表リスト

※ 以下は2000年以降に発表した論文等で,著者名の太文字フォントは弊社社員を示します.

-----------------------------------------------------------------------------------

・2022年

宮下由香里・高橋恭平中村祐貴(2022) 山口県菊川断層帯南部区間および南東延長海域における音波探査. 日本活断層学会2022年度秋季学術大会講演予稿集,p.19


・2020年

高橋恭平・池田倫治・佐藤誉司・足達健人・西坂直樹・大西耕造・大野裕記・露 口耕治・辻健(2020)地震探査結果に基づく四国北西沖伊予灘海域における中央 構造線の分布及び活動性.活断層研究,53,13-32.


・2019年

高橋恭平・佐藤誉司・足達健人・西坂直樹・大西耕造・大野裕記・池田倫治・辻 健(2019)四国北西沖の伊予灘における地震探査結果を用いた中央構造線断層帯 周辺の地質構造に関する検討.日本活断層学会2019年度秋季学術大会講演予稿 集,P-8.

田中雅章・松田典大・中村克・清水雄一・島崎裕行・畑山一人(2019)高分解能音波探査記録に基づく島根半島沖の第四紀の断層活動.日本地球惑星科学連合2019年大会予稿集,SGL28-08


・2018年

高橋恭平・佐藤誉司・足達健人・西坂直樹・大西耕造・大野裕記・池田倫治・辻 健(2018)伊予灘における反射法及び屈折法地震探査結果を用いた中央構造線断 層帯周辺の地質構造の検討.日本地質学会第125年学術大会講演要旨集,R15-O- 8.※「災害のためプログラム中止」

平松良浩・澤田明宏・穴田文浩・吉田進・浜田昌明・石田聡史・宮本慎也・長貴浩・小鹿浩太(2018)重力異常解析による富来川南岸断層の構造.日本地震学会講演予稿集秋季大会,S06-P07.

松田典大・田中雅章・中村克・清水雄一・宮本新平・島崎裕行畑山一人(2018) 音波探査記録に基づく島根半島沖の前期~中期中新世以降の地質構造.日本地球惑星科学連合2018年大会予稿集,SSS11-08.


・2017年

Michiharu Ikeda・Naoki Nishizaka・Kozo Onishi・Junya Sakamoto・Kyohei Takahashi(2017)Scissoring fault rupture properties along the Median Tectonic Line fault zone, southwest Japan.AGU FallMeeting 2017,T31B-0623.

西坂直樹・大西耕造・石川慶彦・大野裕記・高橋恭平・池田倫治・辻健(2017) 伊予灘における反射法データを用いた中央構造線断層帯の深部構造の検討.物理探査学会学術講演会講演論文集,136,301-304.

佐藤誉司・峯岸政人・武田伸勝(2017)天北西方沖サイトサーベイにおけるエアガン音波探査データ処理の最適化による結果改善について.物理探査学会学術講演会講演論文集,137,140-143.

高橋恭平・佐藤誉司・足達健人・西坂直樹・大西耕造・大野裕記・池田倫治・辻健(2017)伊予灘における音波探査記録を用いた中央構造線断層帯周辺の地質構造の検討.日本地質学会第124年学術大会講演要旨集,T8-O-11.※「台風によりプログラム中止」


・2016年

村上文敏古谷昌明高智英二郎丸山かおる畑山一人武田伸勝佐藤正良・馬塲久紀(2016) 浅海用高分解能三次元音波探査システムの開発とそれによる駿河湾北部沿岸海域の活断層調査.活断層研究,44,29-40.


・2015年

下山みを・村岡淳(2015)海底重力計INO Systemの導入と今後の展望.応用地質技術年報,34,77-85.


・2014年

下山みを・村岡淳・三石晋・村上文敏武田伸勝・駒澤正夫・野崎京三(2014)海底重力計 INO Systemの
基本特性.日本測地学会第122回講演会要旨集,109-110.
井上卓彦・杉山雄一・坂本泉・滝野義幸・村上文敏・細矢卓志・宇佐見琢哉(2014)高分解能音波探査から
みた福井県三方断層帯及び野坂断層帯海域部における活断層 分布及び活動履歴.日本地球惑星科学連合大会予稿集,SSS34-P19.
杉山雄一・井上卓彦・村上文敏・坂本泉・滝野義幸・永田高弘・細矢卓志・宇佐見琢哉(2014)福井県美浜町沖における三方断層帯及び野坂断層帯海域延長部のボーリング調査,日本地球惑星科学連合大会予稿集,SSS34-P21.

Inoue, T.・Sugiyama, Y.・ Sakamoto, I.・ Takino, Y.・ Murakami, F.・ Hosoya, T.・ Usami, T.(2014)Offshore active faults of the Mikata fault zone in Fukui, Japan, revealed by high-resolution seismic profiles.American Geophysical Union, Fall Meeting 2014,abstract #OS33A-1038


・2013年

杉山雄一・村上文敏・山本博文・宇佐見琢哉畑山一人島崎裕行(2013)柳ヶ瀬・関ヶ原断層帯北部海域延長部の音波探査.日本地球惑星科学連合大会予稿集,SSS32-P12.
杉山雄一・山本博文・村上文敏・宇佐見琢哉畑山一人島崎裕行(2013)柳ヶ瀬・関ヶ原断層帯主部北方延長域(坂井市沖~福井市沖)における活断層の分布と活動性.活断層・古地震研究報告,13,145-185.


・2012年

杉山雄一・村上文敏・山本博文・宇佐見琢哉畑山一人島崎裕行(2012)柳ヶ瀬・関ヶ原断層帯北部延長部
(越前沖)の音波探査(速報).日本活断層学会秋季学術大会・シンポジウム「近畿の活断層と大地震」講演予稿集,62-63.
杉山雄一・坂本泉・滝野義幸・宇佐見琢哉・岸本弘樹・永田高弘(2012)浦底-柳ヶ瀬山断層帯の形状・規模と過去の活動に関する検討.活断層・古地震研究報告,12,149-193.
杉山雄一・坂本泉・滝野義幸・宇佐見琢哉・永田高弘(2012)敦賀湾における浦底断層(浦底-柳ヶ瀬山断層帯)の採泥調査.活断層・古地震研究報告,12,103-148.
杉山雄一・坂本泉・滝野義幸・宇佐見琢哉島崎裕行武田伸勝・永田高弘・下釜耕太・松山和馬(2012)敦賀湾における浦底断層のコアリング調査.日本地球惑星科学連合大会予稿集,SSS35-14.


・2011年

狐崎長琅・村岡淳・長崎康彦(2011)主として地温・地磁気観測からみた秋田駒ヶ岳火山の近況.物理探査学会学術講演会講演論文集,125,139-142.
國西達也・田中雅章・小西克文・高智英二郎(2011)瀬戸内海西部海域における更新世以降の地質層序と古環境について~海上ボーリング調査による~.日本地球惑星科学連合大会予稿集,SGL041-01.
村岡淳・狐崎長琅・長崎康彦(2011)秋田駒ヶ岳火山における定点重力観測.物理探査学会学術講演会講演論文集,125,143-146.
佐藤正良古谷昌明丸山かおる畑山一人武田伸勝村上文敏・松岡弘和・馬塲久紀(2011)小型高分解能三次元音波探査システムの開発.海洋調査協会報,107.
佐藤正良古谷昌明丸山かおる畑山一人武田伸勝村上文敏・松岡弘和・馬塲久紀(2011)小型高分解能三次元音波探査システムの開発.海洋調査協会第28回技術発表会予稿集.
杉山雄一・宇佐見琢哉島崎裕行武田伸勝・永田高弘・下釜耕太・松山和馬(2011)福井県敦賀湾における浦底断層のコアリング調査(速報).シンポジウム「2011年東北地方太平洋沖地震に伴う内陸活断層の挙動と地震活動・地殻変動」及び日本活断層学会秋季学術大会講演予稿集,36-37.
田中雅章・小西克文・國西達也・高智英二郎(2011)瀬戸内海西部における新たな活断層の認定について.
 日本地球惑星科学連合大会予稿集,SSS032-11.
山本健太・田中雅章・小西克文・國西達也・高智英二郎(2011)堆積環境からみた瀬戸内海西部海域における断層活動性に関する一考察.日本地震学会講演予稿集秋季大会,43-43.


・2010年

狐崎長琅・村岡淳(2010)秋田駒ケ岳の最近の火山状態.日本地球惑星科学連合大会予稿集, SVC063-34.
狐崎長琅・村岡淳(2010)秋田駒ヶ岳の地球物理学的観測と近年の火山状況.秋田大学工学資源学部附属地域防災力研究センター報告,第4号.
村上文敏古谷昌明丸山かおる畑山一人武田伸勝佐藤正良・松岡弘和・馬塲久紀(2010)高分解能3D音波探査装置による沿岸海域断層の3Dイメージング.日本活断層学会秋季学術大会及び1586年天正地震シンポジウム講演予稿集,29-30.
杉山雄一・岡村行信・武田伸勝(2010)沿岸海域活断層調査「雲仙断層群」(その2)ブーマー・ショートマルチチャンネル音波探査.日本地球惑星科学連合大会予稿集,HDS024-P02.
武田伸勝古谷昌明・馬塲久紀・丸山かおる畑山一人佐藤正良・松岡弘和・村上文敏(2010)小型高分解能3D音波探査システムの実用化実験.海洋調査技術学会第22回研究成果発表会講演要旨集,38-39.
田中雅章・小西克文・國西達也・清水雄一・高智英二郎(2010)瀬戸内海西部海域における活断層の発見とそのテクトニクスについて.日本応用地質学会研究発表会講演論文集,185-186.


・2009年

狐崎長琅・村岡淳・長崎康彦(2009)秋田駒ヶ岳における火山状態監視のための重力観測.東北地域災害科学 研究第45巻.
古谷昌明
・村上文敏・丸山かおる畑山一人武田伸勝(2009)小型高分解能3D音波探査 システムの開発と海域実験結果.海洋調査技術学会第21回研究成果発表会講演要旨集,64-65.


・2008年

村上文敏・古谷昌明丸山かおる・井上卓彦・松岡弘和(2008)音波探査用ブーマー音源の2台同時発振による探査深度増大化実験.海洋調査技術学会第20回研究成果発表会講演要旨集,36-37.
西坂直樹・石川慶彦・大野裕記・池田倫治・菅原大介・長谷川正古川勇也(2009)四国西部宇和海における海上音波探査.物理探査学会学術講演会講演論文集,121,273-276.
西坂直樹・大野裕記・浅野彰洋・池田倫治・小林修二・村岡淳長谷川正・瀬川爾郎(2008)ヘリコプター重力測定値を用いた中央構造線の深部構造の逆解析.日本地球惑星科学連合2008年大会予稿集.O220-010.
野口猛雄・穴田文浩・吉田進・浜田昌明・浜田憲彦・野原幸嗣・小野田敏・三橋明・宮内崇裕・佐藤比呂志
(2008)地震前後のレーザー計測と音響測深から求めた2007年能登半島地震の地殻変動.日本地球惑星科学連合2008年大会予稿集.S143-P002.


・2007年

西坂直樹・大野裕記・池田倫治・小林修二・露口耕治・長谷川正村岡淳(2007)伊予灘中央構造線断層帯による第四紀層の変形構造.物理探査学会学術講演会講演論文集,117,321-324.
高橋亨・本荘静光・鈴木敬一(2007)土木建設分野の物理探査技術の発展と技術の伝承.地質と調査, 23-27.
吉田進・野口猛雄・長貴浩島崎裕行・木場正信・佐藤比呂志(2007)2007年能登半島地震の海底地殻変動地震研究所彙報,82,333-344.


・2006年

黒岡浩平・吉次真一・三橋明(2006)中海・宍道湖湖底下の新第三系の地質構造.日本地球惑星科学連合 2006年大会予稿集,G147-P007.
西坂直樹・大野裕記・浅野彰洋・池田倫治・小林修二・村岡淳・瀬川爾郎(2006)四国北西部伊予灘周辺地域におけるヘリコプター重力測定.日本地球惑星科学連合2006年大会予稿集,O203-P005.
佐藤誉司古谷昌明丸山かおる・村上文敏・西村清和・松岡弘和(2006)浅海用マルチチャンネル音波探査、受信ケーブル開発の現状と今後.海洋調査技術学会第18回研究成果発表会講演要旨集.


・2005年

片川秀基・浜田昌明・吉田進・廉澤宏三橋明・河野芳輝・衣笠善博(2005)能登半島西方海域の新第三紀~第四紀地質構造形成.地学雑誌,114,791-810. 高智英二郎佐藤誉司古谷昌明三宅川靖丸山かおる・村上文敏・松岡弘和(2005)浅海域用高分解能音波探査システムによる海域実験.物理探査学会学術講演会講演論文集,112,307-310.
大野裕記・西坂直樹・池田倫治・小林修二・長谷川正畑山一人・長谷川修一・松島学(2005)中央構造線活断層系の深部構造について.物理探査学会学術講演会講演論文集,113,396-398.
大野裕記・西坂直樹・池田倫治・小林修二・長谷川正村岡淳・長谷川修一・松島学・瀬川爾朗(2005)伊予灘中央構造線活断層系における各種物理探査(速報).日本地震学会講演予稿集秋季大会,277-277.


・2004年

村上文敏・西村清和・松岡弘和・古谷昌明丸山かおる・半場康弘・立石雅昭(2004)浅海域音波探査用
 12チャンネル受信ケーブルの作成と海域実験結果.海洋調査技術学会 第16回研究成果発表会講演要旨集,
 ポスターセッション.


・2003年

伝法谷宣洋・垣見俊弘・植原茂次・市川八州夫・高智英二郎(2003)津軽海峡南北縁辺部に分布する活構造とその延長性.日本地震学会講演予稿集秋季大会,204-204.
入谷剛・北川陽一・森幸仁・山口詳子・林和幸鮎沢秀美佐藤誉司(2003)若狭湾東部海域の地質層序区分について.海洋調査技術学会 第15回研究成果発表会講演要旨集,ポスターセッション,81-82.
入谷剛・北川陽一・森幸仁・山口詳子・林和幸鮎沢秀美佐藤誉司(2003)若狭湾東部海域の地質構造について.海洋調査技術学会 第15回研究成果発表会講演要旨集,ポスターセッション,82-84.
北川陽一・入谷剛・森幸仁・林和幸鮎沢秀美佐藤誉司(2003)若狭湾東部海域の地質構造について.日本地質学会第110年学術大会講演要旨, 237-237.
大野裕記・西坂直樹・池田倫治・露口耕治・畑山一人・長谷川修一(2003)伊予灘中央構造線活断層系周辺における3次元地下構造の検討.日本応用地質学会研究発表会講演論文集,327-330.


・2002年

伝法谷宣洋・垣見俊弘・平川一臣・植原茂次・高智英二郎・市川八州夫(2002)函館平野西縁断層帯海域延長部の地質構造 -fault related foldの例-.地球惑星科学関連学会合同大会予稿集,J029-P004.
伝法谷宣洋・駒澤正夫・垣見俊弘・植原茂次・高智英二郎・市川八州夫(2002)津軽海峡及び下北半島西部の地質構造と重力構造.日本地質学会第109年学術大会講演要旨, 238-238.
池田倫治・七山太・大塚一広・三浦健一郎・小林修二・金山清一・長谷川正畑山一人・安間恵・杉山雄一・佃栄吉(2002)伊予灘海域における中央構造線活断層系海底断層の分布形態とセグメンテーション(速報).地球惑星関連学会 2002年合同大会講演予稿集,J029-011. 石井義信村岡淳(2002)SAアルゴリズムによる重力2-Dインバージョン.物理探査学会学術講演会講演論文集,106.
七山太・池田倫治・大塚一広・三浦健一郎・金山清一・小林修二・長谷川正・杉山雄一・佃栄吉(2002)伊予灘~佐賀関MTL活断層系のイメージングとセグメント区分.活断層・古地震研究報告,2,141-152.
七山太・大塚一広・三浦健一郎・池田倫治・小林修二・金山清一・長谷川正・杉山雄一・佃栄吉(2002)伊予灘~佐賀関沖,中央構造線浅海底活断層系の高精度マッピングとセグメント構造解析.地球惑星関連学会
 2002年合同大会講演予稿集,J029-P030.


・2001年

畑山一人三宅川靖長谷川正・池田倫治・金山清一・七山太・三浦健一郎・杉山雄一・佃栄吉(2001)伊予灘東部海域の中央構造線活断層系による変動地形および地質構造の詳細調査.海洋調査技術学会 第13回研究成果報告会講演要旨集,ポスターセッション,56-57.
本荘静光(2001)技術士制度改正の概要.物理探査,54,30-31.
池田倫治・七山太・三浦健一郎・大塚一広・長谷川正・安間恵・杉山雄一・佃栄吉・小林修二(2001)伊予灘東部海域における中央構造線活断層系海底活断層の断層分布形態と活動性.日本地震学会2001年度秋季大会講演予稿集,B73. 池田倫治・七山太・大塚一広・三浦健一郎・長谷川正・安間恵・杉山雄一・佃栄吉(2001)伊予灘東部海域における中央構造線系海底活断層の分布と活動性(速報).地球惑星関連学会 2001年合同大会予稿集,Jm- P026.
高智英二郎(2001)音波探査.物理探査技術解説,地盤工学への物理探査技術の適用と事例,地盤工学・実務シリーズ 14, 365-370.
三浦健一郎・七山太・大塚一広・池田倫治・金山清一・長谷川正・杉山雄一・佃栄吉(2001)伊予灘東部海域の中央構造線活断層系の完新世活動性評価(Ⅰ)-シングルチャンネル音波探査の成果-.活断層・古地震研 究報告,1,199-214.
三浦健一郎・七山太・大塚一広・池田倫治・金山清一・長谷川正・杉山雄一・佃栄吉(2001) 伊予灘海域の中央構造線活断層系の完新世活動度研究(1)--シングルチャネル音波探査の成果--.日本地質学会第108年学術大会講演要旨,116-116.
三浦健一郎・七山太・大塚一広・池田倫治・金山清一・長谷川正・杉山雄一・佃栄吉(2001)伊予灘東部海域の中央構造線活断層系の完新世活動度評価(Ⅰ)-シングルチャンネル音波探査の成果-.地球惑星関連学会  2001年合同大会予稿集,Jm-P027.
持田裕之・伝法谷宣洋・垣見俊弘・植原茂次・廉澤宏(2001)津軽海峡の新第三系,第四系の地質層序.日本地質学会第108年学術大会講演要旨,44-44.
NISHINO Takayuki・KAINUMA Norio・MATSUYAMA Kazuo・MURAOKA Atsush(2000)Self-Potential Survey in Hachijojima.Proceedings of the World Geothermal Congress 2000,4,2761-2766,International Summer School on Direct Application of Geothermal Energy, Skopje.


・2000年

井上英二(2000)海底地質の基本図調査と白嶺丸.地質ニュース,549,34-39.
三橋明廉澤宏・吉川宗治・岩崎好規・藤田和夫(2000)音波探査による紀伊水道及び紀伊半島南岸沖の活構造.海洋調査技術,12,2,11-29 .
中尾征三・湯浅真人・倉本真一・長谷川功・中司昇・高木俊男・長谷川正畑山一人(2000)日本周辺海域海底地質および音波探査プロファイルデータベース.我が国の地質環境の長期安定性について―天然事象研究シンポジウム―要旨集,49-50,核燃料サイクル開発機構サイクル機構 .
大塚一広・七山太・三浦健一郎・山本高司・安間恵・三宅川靖長谷川正・杉山雄一・佃栄吉(2000)地震被害軽減を目的とした浅海底活断層の活動履歴研究(Ⅱ)-伊予灘東部海域MTL活断層系における実践例-.地質ニュース,568,29-40.